HomeコンピュータAviUtl › てさぐれ!部活もの OP検証動画《冬アニメ編》解説①

てさぐれ!部活もの OP検証動画《冬アニメ編》解説①

[nicodo display=”player” width=”640″ height=”370″]sm22769091[/nicodo]

概要

  • 時間:47分34秒56 / 68442フレーム @23.976fps
  • 製作サイズ:1280×720  /  出力サイズ:640×360
  • 1次エンコード H.264  MPEG4-AVC / AAC 320Kbps 48KHz / 565MB
  • 2次エンコード WMV9 226Kbps / WMA9.2 48Kbps 44kHz / 99.8MB

使用ソフト

  • AviUtl (動画編集全般)
  • Audacity (音量均一化/スピード調節)
  • EcoDecoTooL (概要/結果発表)
  • Microsoft Office Excel (集計表/まとめ表)
  • Microsoft Office PowerPoint (結果発表)
  • GIMP (妹ちょ)
  • SketchUp (生徒会役員共*)
  • Aegisub (てさぐれ!部活もの)
  • RhythmicaLyrics (てさぐれ!部活もの)
  • txt2ass (てさぐれ!部活もの)
  • カラーピッカー
  • 電卓
  • ペイント

せっかくなのでAviUtlで使ったいくつかのフィルタの解説をすることにします。


 01 いなり、こんこん、恋いろは。

 ここで左側の項目テキストは白文字にピンクの縁取りに、拡散光フィルタをかけています。

また、動画は境界ぼかしフィルタです。

ほんとはこれくらいきれいに作ったんですが、エンコードで文字が潰れて読めなくなってしまいました。


13 桜Trick

次は桜Trickです。

背景には、通常の画像のうえにsakura画像をパーティクル出力しています。以下の点がポイントです。

  • 出力方向を180にすることで上方に向かう。
  • また、Xを直線移動で画面両端を始点終点に設定し、移動範囲の座標からランダム出力にチェックを入れることで画像のようになります。

さらに、桜の花びらの画像も同様に右下方向・3Dランダム回転にしているため舞っているようになります。

ここでは動画についても一点。

アニメーション効果で「領域枠(角落ち)@領域枠」で縁を丸く切り取っています。この効果は比較的重めなので注意が必要です。

 

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>